×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

阿笠博士

1巻 120ページで、知らないはずのジンとウオッカの顔を回想
8巻 ナイトバロンの事件で
   蘭 「じゃあもし犯人がありえないような人だったら新一はどうするの?
   阿笠博士とかが犯人だったら…。」
   新一「その人が犯人でない証拠をいやというほど探し回ったあと
      だろーからな…。」
   (親しい人物がボスであるという伏線か!?)
24巻 コナンが阿笠と電話中に突然「電池切れ…?」 
    あのタイミングで電話が切れるのはおかしい
    そしてその後すぐに、
    ジン「悪いな…これはついさっき受けた…あの方直々の命令だ…」   
    あの時、あの方はタイムリーなタイミングで、
    ジンにピスコ殺害を命じたが、
    あの状況下においてジン・ピスコの状況を、
    ほぼ正確に把握することができていた人物、
    そして犯人がます山(ピスコ)だとばれたと知る事が出来た人物
    それはずっと車の中でニュースを見ていた阿笠しかいない
    その後も電話について何のフォローもない
    (阿笠=ボスの伏線か!?)
37巻 組織が求めている能力→科学者で発明家でゲームプログラマー
    すべてに当てはまる阿笠
42巻 ベルモットの亡霊船長の話で、
    ジンに「内情を探れ。」と命令できるのは
    毎年行われる亡霊船長パーティーに、
    ベルモットが噛んでいるのを知っている人物。
    ベルモットが噛んでいるのは小五郎と新一宛に出した
    2通のみ(他の招待状は正規ルート)なので、
    ベルモット自身が直接報告をしていない限り
    ボスはこの手紙をみた人物になる
    しかし最後の「自由にさせすぎた。」
    と後の「カルバドスを勝手に連れ出して。」
    発言をみるにボスに報告はしていなかった可能性が高い。
    手紙を見た人物と言えば…
    車の中でベルモットが催眠ガスを使った時に博士が言ったセリフ
    「た、大変じゃ!!早く起こしに行かんと…新一君が…」
    (新一がベルモットを捕まえるかもしれないから大変だ!)とも解釈出来る

映画『天国へのカウントダウン』より
    10年後の顔を写す機械で、なぜか阿笠は変わっていなかった
    (ギャグにみせかけた伏線か!?)
    (不老不死の薬を飲んでいるからか!?)
    ラスト、なぜ現場にいなかったウォッカが
    「車で脱出したのはガキ5人とじじい1人。」と分かったのか?
    そこに組織の仲間がいたからか?

その他 アーント・アガサというカクテルがある
     ラム酒から作るカクテル
     何でベルモットがボスのお気に入りかというと
     実はラムとベルモットで作るカクテル=アーント・アガサ

   ※『アーント・アガサ』の正しいレシピ
      ホワイト・ラム 30 ml
      オレンジ・ジュース 60 ml
      アロマチック・ビターズ


灰原が24巻の最後で「ツナギにいれたままの(アポトキシンのデ−タ
が入った)MOは燃えてしまった」と言ってたのに、25巻のFILE9では
灰原のパソコンの近くに焼けこげた跡があるMOがあることから、
何者かがMOを火事の中から取ってきたことが判明。
灰原がアポトキシンのデ−タをMOにおとしたことを知ってるのは、
コナンと博士のみ。よって、博士が何者かに指示を出してMOを取りに
行かせのでは?と考えられる。
また、この25巻の次の26巻で灰原がコナンの体を一時的に元に戻すこと
ができたのは、このMOのおかげではないかと推測できる。


29巻のバスジャック事件の回で、ジンがベルモットに「黒と黒が混ざっても
黒にしかならねーよ・・・」と言っていた次の場面で、阿笠が「クシュン、クシュン」
とくしゃみをしていた 。
大体、漫画やアニメでくしゃみをするのは、誰かがその前にその人の噂をした直後と相場が決まっている。
なので「黒にしかならねー」の後に来るのは阿笠=組織の者

阿笠博士否定根拠

作者がインタビューで否定している
■クラブサンデー公式ブログより
http://comshoblog.shogakukan.co.jp/sunday/2011/10/post-faa3-7.html
>「黒ずくめの組織のボスは誰ですか!?」
>衝撃のその答えは……!!
>「阿笠博士じゃないよ(笑)」