×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

宮野厚司

哀の「ただでさえ信じがたい人物が浮かんでくるかもしれない」というセリフ
から察するに、「まさか貴方でも私の父が黒幕だなんて予想しないでしょう」
って思っている可能性がアリ。
ここで気になるのは、厚司と顔見知りだったアガサ。
つまり元々哀とアガサは知り合いだったとも考えられる。
だからあの哀がアガサのところに居候する気にもなったとしてもおかしくはない。
哀がジンに撃たれた回でアガサの耳に2つのイヤホンがついてたのは、
厚司に連絡を取ったとも考えられる。
「もう一度考え直せ。自分の娘だぞ」みたいな。
アガサと厚司は昔研究仲間で、厚司が組織を作る際アガサも誘ったけど断られた。
そして、ベルモットが組織壊滅を望んでいるのは薬を研究したからと見受けられ、
宮野家族を恨んでいる。
つまり「薬を開発した宮野厚司=あの方が統括する組織を憎む」、と いう式も
成り立つ。
明美が監視付きとはいえあの年まで普通に暮らせてこれたのも父親がボスで
あれば納得がいく。

→アガサの耳に2つのイヤホン=顔の輪郭の線

否定根拠

ピスコのセリフが矛盾している
 「事故死した御両親もさぞかしお喜びだろう・・・だがこれは命令なんだ・・・
 悪く思わんでくれよ・・・志保ちゃん・・・」
 「よせ・・・私を殺すとシェリーを探せなくなるぞ・・・私には見当が付いてる・・・      
 そ、それにあの方に長年仕えた私を殺すとおまえの立場も・・・」