×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

工藤優作

・主人公を上回る推理力という未知の存在
・行動が一切不明
・主役の父親がラスボスという少年漫画の王道
・組織名はナイトバロン
・組織のデータは組織のパソコンで立ち上げないとコンピューターウイルス“ナイト
 バロン”が起動する
・灰原と対面したことが無い
・ベルモットに繋がりがある2名(黒羽盗一、工藤有希子)と接点がある
・阿笠博士を利用できる人物であるため阿笠博士がミスリードとして準備出来る
・蘭の「じゃあもし犯人がありえないような人だったら新一はどうするの?」のセリフ
 は阿笠博士を強調していたがナイトバロンの事件のため工藤優作も伏線範囲
・青山先生は未だに「あの方」の正体を明かしていない。作中の優作も「ナイトバ
 ロン」の正体を明かしていない。 

否定根拠

・小説家という多忙な職業で組織に関わってる暇があるかどうか
・.ジンが工藤新一に害を及ばしたものの処罰が与えられていない
・年齢的に若い。
 後継者なら高年齢である必要はない。
 原作では工藤優作の年齢が出てない為ベルモットと同様に永遠の若さを服用している可能性も考えられる。